露地の家  広島県福山市 2012年

「露地の家」は福山市の中心部にそびえる蔵王山を背景として、東西を 建物に挟まれた南北通り抜けの敷地に計画しました。 軒先を低く抑えた屋根の棟越しには、蔵王山の稜線と巌山を臨みます。草木が語りかける外露地を通り、格子戸を抜けると内露地にあたる玄関 ホールから茶室へと導かれます。導入部のシークエンスをひとたび抜け ると、空に向かって大きく開かれた中庭へと出ます。中庭は南北に細長い生活棟とゲスト棟に挟まれ、あたかもそれらの臨棟 空間であるかのように存在します。 プロローグの茶庭から連続して、生活の深部まで露地空間が入りこんだ 邸宅です。

DSC_0203.JPG

DSC_0428_2調整済.jpg

DSC_0508調整済.jpg

DSC_0435_2.jpg

DSC_0503.JPG

DSC_0501調整済.jpg

DSC_0532.JPG

DSC_0529調整済.jpg

DSC_0446調整済.jpg

DSC_0451.JPG

DSC_0459.JPG

DSC_0477調整済.jpg

DSC_0147調整済.jpg

DSC_0479.JPG

DSC_0170調整済.jpg

DSC_0188.JPG

DSC_0191.JPG

DSC_0190.JPG

DSC_0115.JPG

DSC_0462.JPG

  作庭/作庭衆「庭譚」橋本 善次郎 、写真/後藤 亜貴
worksへ戻る